エージェント選びが仕事内容を変える

フリーランサーとして働く人の多くは獲得した仕事に集中したいと考え、営業活動はエージェントに依頼するというのが一般的になっています。
もともと専門職として働くことを考えて研鑽を積んできてはいるものの、ビジネスの世界にはそれほど精通していないフリーランサーも多く、自分dね営業活動を行うよりもその専門家に依頼した方が効率的であると考えられるからです。

一方、そういったニーズに応えなければならないエージェントには、幅広い専門性が要求されることになります。
依頼をするフリーランサーのもっている技能や資格について、正しい理解ができる専門性をもち合わせていることが必要があることに加え、企業から仕事の依頼を受けるためのビジネススキル、そして、企業の要望を正確に理解するための専門性が必要になります。

こういった観点からはこの仕事もまた専門職であり、企業とフリーランサーの両方の専門に精通し、かつビジネスの手腕に長けた人材のみが活躍できる賞種になります。
そのため、この仕事に就く人はビジネスを中心に学んできて各々の専門について勉強をしながら仕事をしている人と、ある業界の専門家として学んできてビジネスについて勉強して仕事に携わっている人とがいます。

そういった背景の違いから、企業のニーズとフリーランサーのニーズをマッチングさせる際にも考え方が異なることもしばしばあり、エージェントの選び方1つで紹介される仕事内容が大きく変わることにつながります。